2015年7月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

アジア新興地域の成長率見通し、6.1%に下方修正=ADB

ADB(アジア開発銀行)は16日、アジア新興地域45ヶ国(オセアニアなどを含む)における今年の成長率見通しを3月時点の6.3%から6.1%に下方修正した。上半期でアメリカと中国の景気減速感が表れ、アジア経済にも影響を与えているとした。

この記事の続きを読む

中国の成長率は前回予測の7.2%から7.0%に引き下げられた。消費の伸びは堅調であるが、投資の伸びが減速を続けていると指摘されている。また、アメリカの成長率予測は2.2%と、前回より1.0ポイントの下方修正となっている。

以下は、各国の成長率見通しを表す。

この記事の提供会社

logo

世界経済のネタ帳

http://ecodb.net/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島