2015年8月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポール交通省、登録車輌のマレーシア入国料を非難

シンガポール交通省(MOT)は3日、マレーシアに入国するシンガポール登録車輌に20リンギット(S$7.16) の入国料が課せられることについて、差別的行為だと非難した。

新たな入国料が化せられるのは10月1日から。MOTは入国税についての調査をしたうえで、何らかの形で入国料に見合う税の徴収を検討する。

この記事の続きを読む

 
また、MOTは、シンガポール登録車輌がマレーシアに入国するのに必要となる事前登録について、マレーシア政府により詳しい情報提供を要求する。
 
マレーシア道路交通局は、先日、同局への事前登録をしていないシンガポール登録車輌は9月1日からマレーシアに入国することができないと発表。
 
事前登録については、8月15日よりオンライン登録が可能となる。登録にはロードチャージとして10リンギットが課せられる。対象車輌は一般乗用車だけでなく、公共バス、タクシー、商業車、オートバイに政府車輌も含まれる。
 
~Channel NewsAsia 8月4日~

この記事の提供会社

logo

KAMO CONSULTANCY

http://www.kamobs.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島