2016年10月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

タイの飲料メーカー、東南アジア各国への進出・事業拡大目指す

タイの飲料メーカー、東南アジア各国への進出・事業拡大目指す

国内市場の競争が激化しているタイで、各飲料メーカーが、より多くの潜在的なマーケットを抱える発展途上国に注目している。

この記事の続きを読む

 
同国の飲料子会社であるサームスックは、年末までにマレーシアへの飲料の輸出し開始し、既に事業展開をしているラオス、カンボジア、ミャンマー、ベトナムでの販売高を上げる計画をしている。
 
タイ・ビバレッジは、ベトナム乳製品(ビナミルク)を買収する事を発表しており、同国の果汁飲料・果物缶詰大手マリー・グループは、昨年フィリピンで合弁会社を設立し、インドネシア、及びミャンマーで他の合弁事業の設立も計画している。
 
タイメーカーは、同じ東南アジア地域の国々と近い嗜好を持ち、西洋のライバルメーカーに勝る点を有していると考えている。
 
(参照)http://asia.nikkei.com/Business/Trends/Thai-drink-makers-panting-for-success-abroad?page=2

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島