2017年6月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

北朝鮮から解放された米国大学生、死亡。トランプ氏「残虐」と非難

北朝鮮から解放された米国大学生、死亡。トランプ氏「残虐」と非難

北朝鮮当局によって、17か月もの期間にわたって拘束され、今月家族の下へ解放された米国人大学生ワームビア氏の死亡が確認された。22歳の若さだった。

この記事の続きを読む

 
ワームビア氏の家族は「息子が北朝鮮から受けた凄惨な拷問、虐待を考えればこのような(死という)結果になるのは当然だった」と強い憤りを表明した。
 
トランプ氏はワームビア氏の家族に対し深い哀悼の意を表明すると同時に、北朝鮮を「残虐な政権だ」とした。
 
国務長官のティラーソン氏も北朝鮮を非難する声明を出すなど、アメリカ国内で波紋が広がる今回の事件だが、どう収束を迎えるのだろうか。
 
>>あわせて読みたい『北朝鮮観光中に拘束された米国大学生、解放されるも昏睡状態。口封じか

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島