• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

三菱重工、フランス原子炉製造に出資し原子力発電技術供給で戦略的協業

三菱重工、フランス原子炉製造に出資し原子力発電技術供給で戦略的協業

三菱重工業は1月5日、フランスのパリに拠点を置く同国大手電力事業者原子力発電プラント運用者であるフランス電力(以下、EDF社)傘下の原子炉製造会社「フラマトム」への出資を完了し株式19.5%を取得したと発表した。

 

 

この記事の続きを読む

今回の出資で三菱重工は、EDF社とフラマトム社との戦略的協業を通じて、アレバグループの合弁事業により開発した第3世代プラス原子炉「ATMEA1」の拡販をはじめ、最新の安全性と信頼性を両立した原子力発電技術のグローバルな供給体制の確立を目指す。

 

三菱重工とアレバ社の合弁会社であるATMEA社は今回の出資完了に伴い、EDF社が折半出資し、フラマトム社が特別株を保有する新体制となる。

 

 

(参照)http://www.elp.com/articles/2018/01/edf-mitsubishi-heavy-industries-partnering-on-french-nuclear-firm.html

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島