2018年9月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

バイドゥ(Baidu)が訪日中国人客に日本での購買実態を調査 その結果とは?

バイドゥ(Baidu)が訪日中国人客に日本での購買実態を調査 その結果とは?

バイドゥ株式会社は、直近1年以内に日本旅行で買物をした北京市、上海市在住の中国人1,099人を対象に、訪日中国人観光客の買物実態に関するアンケート調査を実施した(調査時期:2018年4月18日~5月7日、有効回答:1,099サンプル)。

この記事の続きを読む

 
その一部を抜粋して発表するとともに、全調査結果は「第2回訪日中国人客の買物実態調査」レポートとして販売する。
 
買物時間が長かったエリアに関する調査では、関東で一番買い物したエリアは東京都で、中でも銀座での買い物時間が長い。ほかに「東京駅」「横浜」「TDL/TDS」が上位に挙がる。
 
団体・ツアー旅行者では4位に「浅草」、個人旅行者は5位に「新宿」が挙がる。関西エリアで一番買い物したエリアは大阪府で、中でも心斎橋での買い物時間が長い。ほかに「大阪駅」「京都駅」「神戸市」が上位に挙がる。個人旅行者では「道頓堀」が2位となっている点が目立つ。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180905_13154/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島