2017年3月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

UBER(ウーバー)は「白タク」!? 香港にてライドシェアに関する初の司法判断が下る

UBER(ウーバー)は「白タク」!? 香港にてライドシェアに関する初の司法判断が下る

スマートフォンを利用した配車サービス「Uber」(ウーバー)に対する香港で初となる司法判断がなされた。

この記事の続きを読む

  
3月11日付香港各紙によると、これは10日に行われた5人のドライバーに下された判決で明らかになったもの。
裁判所はウーバー社の現行のサービス内容を、明確な法律違反の意思がなくとも、報酬を受けて顧客の送迎を保険の加入無しに行う、いわゆる白タクと同様の道路交通条例第52条違反にあたると判断。
  
5人の被告に対し12カ月の運転免許停止と1万ドルの罰金を命じた。ドライバー側は上訴する構えだが、政府に対しウーバーへの規制を求めていたタクシー業界では司法判断を歓迎する声明を発表している。
  
また、ウーバー香港の余雋知・総経理は「判決には失望した。100万人を超える利用者の利益も奪うものだ」と判決を批判、「会社として今後も5人の被告を法律面からサポートする」と抗戦する姿勢を見せた。
 
>>あわせて読みたい 『配車サービスUber、2月10日より台湾でのサービス休止を決定』
  
Photo by Automobile Italia on Flickr

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島